男女

介護の資格を取りたいならココ|日本の未来を担う仕事

東洋医学のプロを目指して

鍼灸

鍼灸師は医療系職種の一つで、学校では基礎医学の履修が必要です。生物や解剖学などを予習しておくといいでしょう。鍼灸師が活躍する分野は幅広く、治療院だけでなく福祉やスポーツの分野にも目を向けることも大事です。大学等の既卒者は単位認定される場合があります。事前にできることを調べておくといいでしょう。

Read More

看護に興味がある方へ

ナース

熊本駅前看護リハビリテーション学院は、JR熊本駅から徒歩2分にある専門学校です。この専門学校のそれぞれの学科を卒業すると、理学療法士や作業療法士や看護師の国家試験を受験する資格が得られます。もしいずれかの国家資格を得たいと考えているなら、まずはオープンキャンパスに行くことを推奨します。

Read More

健全な日常生活を送るため

介護

日常生活を支える

高齢化社会と言われる現代、介護を必要としている人は確実に増えています。しかし家族が高齢者を自宅で介護するのは介護疲れを引き起こし共倒れしてしまう恐れがあります。そのため老人福祉施設や障害者施設で介護が必要な人の日常生活を全面的に支える介護福祉士などの資格をもつ人材の活躍が期待されています。介護の資格を取得するための学校では、多くの実習時間が必要です。知識では理解しても、実習で実際の介護を体験してみると、現場との違いに戸惑う人が多いようです。勉強したことを実習でふり返って学び、また現場で学んだことを学校の授業で再確認しながら知識と経験を積み重ねることが大切です。利用者一人一人に合った介護を臨機応変にできる人が求められています。

生活援助と身体介助を行う

ホームヘルパーの仕事は、高齢者や年齢に関係なく心身に障害のある人が健全な日常生活を送ることができるように、買い物、洗濯、掃除などの生活援助や、通院介助や食事介助、入浴介助などの身体介護を、それぞれの制度に従って行うことです。ホームヘルパーとして仕事に従事するには、まず2級の資格を取得する必要があります。その後1年間の実務経験を経て、1級の資格を取得するのが一般的です。2級の養成講座は全国の各都道府県で受けることができ、主な実施場所は、全国の地方自治体や介護の事業を営む企業・大学・専門学校などです。尚、福祉コースがある大学・高校・専門学校では、在学中にホームヘルパー1級の認定を受けることができるところもあります。

看護師になりたい

看護師

女性が安定した収入を得られるという理由で看護師を目指す人が増えています。看護師は看護学校で勉強して国家資格を取得するのが一般的で、看護学校に入るには試験と面接があります。面接での評価のポイントは、看護師なりたい理由と熱意、看護師の適性があるかといったところで、しっかりアピールしましょう。

Read More